ブログで収益を得る方法(概説)

ブログを書いて収益を得ることができます。

方法論としては、大きくは2つあります。

ブログ記事に、アドセンスなどの広告を貼るパターンとアフィリエイト広告を貼るパターンです。

このエントリーでは、ブログを書いて収益を得る方法の概説を紹介したいと思います。目次

 

まず、どこでブログを書くかというテーマがあります。

1.どこでブログを書くか

どこでブログを書くかについては、これも大きくは2つあります。

アメブロやライブドア、はてななどのブログサービスを利用する場合と、レンタルでサーバー借りて、ワードプレスで書く方法です。

このブログは、レンタルサーバで、ワードプレスで書いています。

 

2019年9月のGoogleアップデート(アプデ前)の影響

これまでは、ブログサービスを利用するかたちでも、ある程度の収益をあげることは可能でしたが、2019年9月後半に行われたグーグルのアップデートにより、個人がYMYL(お金と健康の分野)の記事を書く場合は、EAT(権威性)が必要となり、検索での上位表示が難しくなりました。

そのため、以前よりもYMYLに関わる分野で収益をあげることは難しくなっており、より細かな調整ができるワードプレスの方が有利ではないかと思います。

 

初期投資費用

ワードプレスの場合、レンタルサーバを月880円から借りることができます。レンタルサーバの他に、ドメインの取得に1000円ほどかかります。

初期投資費用としては、2000円程度からはじめることができます。

はてなでやる場合は、無料ではじめることができますが、無料バージョンだと、アドセンスの審査に通りにくいということがあり、はてなブログProの場合は、1008円(1ヵ月)からはじめることができます。

 

2.アドセンスの導入

アドセンスは、ブログ記事に貼った広告がクリックされると収益が発生する仕組みです。

アドセンスには、審査があり、10~30記事程度書きましたら、審査を申し込みます。

審査に合格すると、アドセンスの広告を貼ることができます。

ジャンルにもよりますが、スタート時は、300円/日程度を目標にするといいのではないかと思います。

8000円をこえると支払われますので、毎月8000円以上を目標にすると、一日の目標は270円程度になり、毎月支払われます。

アプデ前は、個人でも、一日5万円以上が可能でしたが、現在は、一日3000~5000円いけばかなりいい方ではないかと思います。

 

3.アフィリエイトの導入

アドセンスの他には、アフィリエイトがあります。アマゾンや楽天のアフィリエイトを直接貼るケースと、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)の広告を直接貼るパターンがあります。

アマゾンやASPは、審査や登録が必要ですが、楽天アフィリエイトは、楽天IDがあればすぐに始めることができます。

アフィリエイトの場合は、売れないと収益が発生しませんので、ケースバイケースになります。

アフィリエイトの一日の最高収益は、個人的には、20万円程度ですが、このレベルは、かなりまれです。

アフィリエイトの場合は、センスがいいと一日1000円程度稼ぐのはそれほど難しいことではないかもしれません。ただ、放置するとダメな傾向があります。

 

4.集客の方法

とにかく書いた記事が読まれないと、広告もクリックされるチャンスはないわけで、集客が重要になります。

これまでは、SEOという記事の書き方の精度をあげる手法をつかって、グーグルで上位表示する方法が常道でしたが、アプデ後は、個人の記事はあがりにくくなったため、ツイッターやユーチューブやインスタグラムなどのSNSからの動線構築が有利になっています。

 

5.記事を書くジャンル

ジャンル選びが大事です。このジャンルが収益に大きく左右します。

YMYLの収益が高いんですが、この分野は個人では難しくなっています。

最初は、練習のつもりで、自分が得意な分野を書いてみるのがおすすめです。半年~1年程度書いてみて、慣れてきたら、収益のあがるジャンルにチャレンジしてみるのがいいのではないかと思います。

 

以上、ブログで収益を得る方法の概説ですが、詳しい内容は個別記事で紹介していきたいと思います。